FXの損失を抑える仕組み

FXでは大きな利益を手にする可能性がある反面、大きな損失を蒙る可能性もあります。


単純にFXの仕組み上の話だけをしますと、自分の投資した金額の全てを失ってしまう可能性も十分にありますし、それだけではなく自分の投資した金額以上に損失が膨らむ可能性さえあるのです。これはもはや投資とは言いがたいでしょう。



世の中にはいろいろな資金運用、投資方法がありますが、元本を全て失う可能性があるといえば企業の株式を購入してその会社が倒産してしまったときくらいのものです。

ましてや自分の投資した金額以上に損失を蒙る可能性があるなど、もはや投資ではなくギャンブル、それも普通のギャンブルではなくかなりブラックな部類のギャンブルでしょう。

一応FXは健全な資金運用の一つとされていますから、このような大損を回避するための仕組みが導入されています。



そうでなければ感覚のまともな人は誰もFXで資金運用をしようとはしないかもしれません。

それが損切りと呼ばれる仕組みです。

これは、自分で予め設定した以上に損失が膨らみそうなときには、そのまま取引を継続するのではなくそこで強制的に取引を終了して、損失がそれ以上に大きくならないようにする仕組みのことです。



もちろんこの仕組みはその時点で損失額が確定してしまうというデメリットはありますが、それは受け入れるべき性質のもので、これによって損失が限りなく拡大していくことを防ぐことができるのです。